5月第一週のブドウ畑・・・Bourgeons 発芽

f0122044_7151537.jpg

先週、コート・ド・ボーヌのブドウ畑を廻ったときのこと。
モンラッシェ・グランクリュの前で車を停め、ホコホコに耕された畑を覗き込むと
赤ちゃんの掌のような黄緑色の葉が、すでに開いているではありませんか・・・。
私の住まいからたった40km南では、こんなに進行しているのですね。

ちなみに、同じ日にロマネ・コンティの畑で撮った写真は、こんな感じです。

f0122044_7203828.jpgf0122044_7211643.jpg

あの有名な十字架のやや左寄りに、空き地になっていた区画がありましたね。
今回は、植えられたばかりの苗木と、添木を遠目に確認することができました。
伐採されてから何年経っていたでしょうかね・・・4年?いや5年?
その間にトウモロコシが植えられたり、下草が生えていたり、土中の生態系を
蘇らせるための処置がされていたのです。
このベベ達が「ロマネ・コンティ」となるのは、何年後のことか?

そして2007年は、2月に始まった暖冬からいきなり初夏のような春だったのは
記憶に新しいですが、昨年同時期のブログを読み返してみて、驚きました!
今年こそ主人の仕事も余裕ペース?と思いきや、土日もまったく家に居ません。
ひたすらトラクターで耕し続けている模様です。(フランス人らしくもない!)
[PR]
by casteltresgirard | 2008-05-06 00:12 | ブドウ畑の四季・春
<< ディジョン La Tour P... スミュール・アン・オーソワ >>