フォントネー修道院

ユネスコ世界遺産にも指定されている、「ヴェズレー」と「フォントネー修道院」
前者は何度も訪れましたが、今回ガイドのお仕事でようやくフォントネー初訪問の
機会に恵まれました。

d0080181_9522138.jpgd0080181_9471594.jpg

門をくぐった途端に「うわーっ!」 英国式庭園と建物の美しさ。左の丸い塔は鳩舎です。

d0080181_100527.jpgd0080181_104434.jpgd0080181_108617.jpg

無色のステンドグラスに、装飾も最小限で地味だけれど美しい聖堂。

d0080181_10143043.jpgd0080181_10193749.jpg

左は修道士達の寝室、いつでも祈りに出られるよう聖堂に直結しています。
1日のうち8時間は祈り、8時間は睡眠、残りの8時間で食事や身の回りの用事をしたそう。
右は写本のための部屋で、修道院内で唯一暖炉のある隣室で、手を温めつつ仕事をして
いたということです。ブルゴーニュの山奥の冬、寒そうです・・・。

d0080181_10255434.jpgd0080181_10301342.jpg

d0080181_10395757.jpgd0080181_2372352.jpg

写真でよく見かけるのは、この回廊。無駄を省いた建築と庭園が美しいです。

d0080181_23951.jpgd0080181_239488.jpg

修道院内と周囲を流れる、青く透明な水にも目が留まりました。
中庭にある、樹齢250年という35メートルのプラタナスの樹も美しかったです。

お客様をヴェズレーまでお送りする前の、ちょっと寄り道のつもりだったフォントネー。
思いがけない良い1日を過ごさせていただきました。かなり得した気分♪
[PR]
by casteltresgirard | 2008-05-01 23:38 | 周辺アクティビティ
<< スミュール・アン・オーソワ 「ブルゴーニュ生活」ウェブサイト >>