コート・ド・ニュイを巡る1日の旅

今回は、コート・ド・ニュイをくまなく巡る1日ツアーです。
埼玉県からお越しのIさんのご一家は、若々しいご夫妻と5歳になる息子さん、
それに両家のお母様という、なんとも羨ましい仲良しファミリーです。

数年前までオランダ駐在員だったというIさんご夫妻、当時夏休みの旅行で
ブルゴーニュへはワインの買い付けに何度かいらしていたのだそうです。
ヴォーヌ・ロマネや、ラドワの白ワインがお好きだという渋い(!?)ご希望に応じて
またボトルを購入して帰りたいとのことで、ティスティングしながら購入ができて
リーズナブルな価格のドメーヌをいくつかピックアップして廻ることにしました。

前夜、ホテル「カステル・ド・トレ・ジラール」に到着されたご一家。
ご主人自ら運転されるクルマに私も同乗させて頂いて、ヴォーヌ・ロマネへ出発!
最初の訪問先は、Maison des Vins de Vosne-Romanéeです。

f0122044_695734.jpg

このワインショップは、Domaine François Gerbetの経営。
2004年のヴォーヌ・ロマネ村の一級畑ワイン「オ・レア」「レ・プティ・モン」など
5種をテイスティングしました。

f0122044_6185632.jpg

この店の良いところは、自社ドメーヌのワインばかりでなく
ヴォーヌ・ロマネ村の名だたる生産者(ミシェル・グロ、ラマルシュ、クラヴリエなど)の
ボトルも揃っていることです。

f0122044_621977.jpg

f0122044_6272276.jpg

お買い物の後、クルマで5分程のところにある醸造所も
シャンタルさんが案内してくださいました。「うちなんか小さいからねぇ・・・」と言いつつ
トラディショナルな古い地下カーヴと、所狭しと並ぶ樽に感激!

f0122044_6481662.jpg

お昼前には、シャンボール・ミュジニー村に到着。
Maison Vigneronne de Chambolleは、ジュヴレイ・シャンベルタンから
モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴージョ、ヴォーヌ・ロマネまでを中心に
有名ドメーヌは控えめに、むしろ若手注目株の造り手のワインを紹介している店。

f0122044_6291776.jpg

f0122044_6295680.jpg

このオジサンどこかで見た顔・・・と思ったら、ここの社長で先日カステルへお食事に
来てくだったことが判明。オジサン(失礼!社長です)自ら日替わりで5種のワインを
グラスに注いでくださいます。ニュイ・サン・ジョルジュの白(ドメーヌ・シェヴィヨン)、
シャンボール(ドメーヌ・フェレティグ)などを味わった後は、買い物カゴをぶら下げて
棚からお好きなボトルをお選びください。

f0122044_642577.jpg

地下カーヴから上がり、地階レストランでランチにしましょう。
上から、ポーチド・エッグの赤ワインソース、エスカルゴのラビオリ、シャーベット。

f0122044_6444263.jpg

f0122044_645227.jpg

f0122044_646249.jpg


ロマネ・コンティの畑は、何度来てもやっぱり感動するものですよね。

f0122044_6524385.jpg

f0122044_6532124.jpg

息子さんと手を繋いでロマネ・コンティを歩けるなんて、お父さん幸せ者ですね!

次はちょっと趣向を変え、クレマン・ド・ブルゴーニュ(発泡酒)のミュージアムへ。
ニュイ・サン・ジョルジュの郊外に、1年前にできたばかりのImaginariumがあります。

f0122044_6574011.jpg

f0122044_6592979.jpg

オーディオガイドとミニチュア模型で、発泡酒の工程を知ることができます。

f0122044_71668.jpg

息子くんが意外に楽しんでくれたのがコレ。
レミュアージュ(発泡酒は瓶内醗酵中に澱が溜まりますが、これを1/8回転ずつ
数日おきに回すことにより、澱が瓶口のほうに固まっていくこと)のゲームで
瓶回しの速さをパパと競っていることろ。

f0122044_753433.jpg

f0122044_762547.jpg

f0122044_772516.jpg

UFOキャッチャー、香りのミュージアムなどで遊んだ後は
バーカウンターでクレマンをご馳走になります。サッパリとした喉ごしで美味しい!

最後の訪問先は、ニュイ・サン・ジョルジュの隣りの小さな村
プレモー・プリセィ村にあるDomaine Bertrand Ambroiseです。
やや遅れての到着にも関わらず、オジサンはにこやかに
「待ちながらいろいろ仕事が片付けられたから」と快く迎え入れてくださいました。

f0122044_7223046.jpg

このドメーヌの魅力は、白はサン・ロマン、ラドワ、ムルソー、コルトン・シャルルマーニュ、
赤はニュイ・サン・ジョルジュ、ボーヌ、ポマール、クロ・ド・ヴージョなど幅広いAOCが
揃っていること。ヴィンテージもいろいろ選べて、しかも価格は控えめなのが嬉しいです。

いくつか試飲した中から、私もサン・ロマン白2003年、ニュイ・サン・ジョルジュ一級畑
アルジリエール2003年を購入しました。

f0122044_7303089.jpg

息子くんも、最後までいい子で私達に付き合ってくれました。
ご褒美にアルジリエールをちょっと味見・・・記念すべき初めてのワインなんですって!
弱冠5歳にして、ティスティングツアーに1日ついて来れるとは、将来は大物ですね。

今日は、どの訪問先の方もとても温かい笑顔で迎えてくださって
終始楽しく過ごすことができました。生産者の皆さんに心から感謝します。


オーダーメイドのワインの旅、お手伝いします。お問い合わせはメールでどうぞ。
[PR]
by casteltresgirard | 2007-08-03 23:00 | 通訳ガイド・オーダーメイド
<< ニュイからボーヌまで、欲張りな... 雨降りの夏 >>