コート・ド・ニュイ、ディジョンとボーヌ2日間(2日目)

2日目
ブドウ畑に囲まれたホテルで、ゆっくりお休みいただけましたか?
朝食ビュッフェのサービスは7:30~10:00となっておりますので、早起きして
周囲を散策されるのも良いでしょう。ガイドがホテルまでお迎えにまいります。

シャンボール・ミュジニー村を通り抜け、特級畑ミュジニーの前で記念撮影。
眼下には、ヴージョの一級畑クロ・ド・ラ・ペリエール、白で有名なクロ・ブラン
ワイン騎士団のクロ・ド・ヴージョ城などがパノラマに。
f0122044_0275777.jpg

f0122044_05008.jpg

クロ・ド・ヴージョ城では、ご希望があれば内部の見学もできます。
塀で囲まれた50ヘクタールあまりの畑からできるのが、クロ・ド・ヴージョのワイン。
でも所有者は80あまりを数えますから、それぞれのドメーヌによって味わいは様々。
f0122044_0503830.jpg

f0122044_053975.jpg

ドメーヌ・ベルターニャにてテイスティング。
ドイツ人の女性経営者、門前で撮影をしていた私達に気軽に声を掛けてくださり、
クロ・ド・ラ・ペリエール(ヴージョ一級ワイン)、ニュイ・サン・ジョルジュなどの赤、
白のコルトン・シャルルマーニュなどを試飲させていただきました。
f0122044_0573938.jpg

f0122044_0581135.jpg

昨日のドメーヌ・ルクレールと同様、気に入ったワインが見つかれば
お土産に購入することもできます。その後ロマネ・コンティの畑を通ってボーヌへ。
f0122044_29693.jpg

ボーヌ到着後、カーヴ・マドレーヌで昼食をとります。温かいフランス家庭料理を
グラスワインと一緒に(もちろんボトルもお手軽な価格です)お楽しみください。

腹ごしらえが済んだら、ワインショップやワイン小物の店が並ぶ町並みを散策。
オテル・デュー(ボーヌ施療院跡)を見学します。色彩豊かな瓦屋根で有名ですね。
f0122044_2135756.jpg

f0122044_2142822.jpg

以前は、ここの中庭で11月第三週の競売会が行われていましたが
現在はマルシェ(市場)のホールに移動しました。ここでは土曜に朝市が立ちます。
隣りのAthenaeum(アテネウム)は、ワイン・料理関係の書籍やグッズが揃う大型店。

この他にも、Musée du Vin(ワイン博物館)Marché aux Vins(ワイン市場)
郊外の大型ワインショップ、城壁と7つの砦めぐりなども訪れることができます。

15:30すぎにボーヌ出発、畑道を通りながら南下してきた道のりを、一気に北上します。
ディジョン駅までお送りして、17:17のTGVでパリへの帰途に。
2日間の楽しい出会いに感謝、また是非ブルゴーニュへいらしてくださいね。お疲れ様!


オーダーメイドのワインの旅、お手伝いします。お問い合わせはメールでどうぞ。
[PR]
by casteltresgirard | 2007-07-03 22:24 | 通訳ガイド・オーダーメイド
<< コート・ド・ニュイ、ディジョン... 快挙! >>