3月最終週のブドウ畑・・・Déherbage

3月21日は春分の日でしたが、フランスでは春の始まる日とされています。
そして、25日からは時計を1時間進め、夏時間になりました。

今年は暖冬だったこともあり、この時期になるとさすがに雑草も伸びてきます。
そこで必要になるのが、「Déherbage」デゼルバージュ、という除草作業。

f0122044_7322612.jpg







f0122044_73364.jpg













最も手早い除草の方法は、液体状の除草剤をトラクターで撒くこと。
上の写真のように、日本の冬の芝生を思わせる黄色い草を見かけたら除草剤です。
ちょっとちょっと!「うちはビオワイン」とおっしゃるアナタ・・・!

以前ご紹介したエリック氏のような、馬で耕しながら雑草を掘り起こすのは
健康な土づくりの上で理想的な方法ですが、莫大な時間と労力と費用がかかります。
その中間をとるのが、トラクターで耕すという方法。

f0122044_7432027.jpg







f0122044_7445424.jpg













使用前と使用後? おもしろい光景を見かけてパチリ。
[PR]
by casteltresgirard | 2007-03-28 00:29 | ブドウ畑の四季・春
<< ブドウの苗木を作る人 Domaine Denis M... >>