Domaine Denis Mortet 2004年

Domaine Mortet に勤めるうちのダンナ、先週はずっと瓶詰め作業でした。
夕方帰ってきては、「今日はクロ・ヴージョを瓶詰めしたよ、旨かった!」
「白ワインも少しあるんだよ、旨かった!」と毎日毎日、自慢話しかしません。

d0080181_1042350.jpg




わが家の寝室からの風景。
ミュスカリという紫の小花の季節です。




カステル・ド・トレ・ジラールでも、年に一度仕入れますが
ワインリストに載せて間もないうちに、すぐに品切れになってしまうのです。
サーヴィス後に残りを失敬しようにも、お客様が一滴残さず飲んでしまう。(涙)

日本では、さらに高嶺の花ですよ。見てみてこの価格・・・

ドメーヌの若き後継者アルノー・モルテくんと、道端ですれ違いがてらに
「ダンナに聞いたけれど、2005年も素晴らしい出来だそうね!
白ワインもあるんですって?知らなかったワヨ~」と白々しくアピール。

それを覚えていてくれたのか、今晩はダンナがハーフボトルを手土産に。
雑誌の取材の残りだとかで、ミレジム2004年のテイスティングです。


Domaine Mortet 2004年
d0080181_9204743.jpg









- Gevrey-Chambertin 《Mes Cinq Terroirs》
   ジュヴレイ村の異なる5つの畑をアッサンブラージュしたもの。

- Gevrey-Chambertin 1er cru 《Champeaux》
   青々した草、ハーブのような香りで、かなりキャラクターがあります。
   ダンナに訊くと、石がゴロゴロした石灰質の硬い土壌だとか。

- Gevrey-Chambertin 1er cru 《Lavaux St Jacques》
   香りが他と較べてかなり特殊。ミネラル、キノコ、パンデピスみたいな。
   口当たりも酸味が鋭い感じで、この力強いタンニンを和らげるためには
   かなりの年数が必要でしょうね。
   
- Chambertin grand cru
   「ワインの王様」と呼ぶに相応しい!
   赤い果実、しかもイチゴジャムやプルーンのような濃厚な香りがして
   口当たりもボリュームあり、タンニンも丸くてふんわり広がる・・・至福。

- Clos de Vougeot grand cru
   スミレの花の香りが芳しい。
   パワーは中程度で、濃厚というよりはエレガントで繊細な印象のワイン。


ドメーヌ・モルテは、毎年冬に樽からテイスティングさせてもらっていますが
キュヴェの数がものすごく多いのに、ひとつひとつのワインに個性がある・・・
帰宅してメモを取ろうとしても、ちゃーんと思い出せるくらい印象が強いのです。

「瓶詰めと同時に、箱詰めして出荷準備をするんだよ。
空っぽのカーヴを見たのなんて、オレ様の仕事人生30年で初めてだヨ~」
醸造の段階ですべて買い手が付き、瓶熟成の暇もない、売れっ子ワイン。
日本の皆さん、もうすぐ2005年が上陸しますよ~!
[PR]
by casteltresgirard | 2007-03-19 23:50 | おすすめワイン
<< 3月最終週のブドウ畑・・・Dé... ラディッシュと白アスパラの季節 >>