Condrieu 2004 Domaine Gaillard

今夜は、男性ばかり5名様のテーブルが。
「3日前からブルゴーニュに滞在していてね、一日中テイスティングで疲れたから。」
ローヌ地方の白ワイン2本、赤ワイン2本・・・へぇ~控えめですねぇ。(笑)

こういうのは良いチャンス。普段なかなか味わえない、他地方のワインが飲めます。
同僚たちと分け合うべく、グラス一杯分わざと注がないで残しておきます。

特に良かったのは、このワイン。












Condrieu 2004 Domaine Pierre Gaillard
白い花のノーブルな香りに、アプリコットやマルメロの熟した果実香。
まったりと重厚な口当たりながらヴィオニエ特有のタイトさ、後味にフルーツの甘み。
酸味が落ち着かない感じなので、2004年は少し待った方が良いかも。

一口ずつでも、全テーブルの気になるワインを「つまみ飲み」していると酔っ払います。
帰宅時は、ブドウ畑から飛び出してくる野ウサギを轢かないよう、ユルリユルリ・・・。
[PR]
by casteltresgirard | 2006-12-06 23:07 | おすすめワイン
<< Meursault «Le P... ワインに羽虫が・・・さぁどうする? >>