シェフのご紹介

ブルターニュ地方の有名なリゾート地、モン・サン・ミッシェル出身の料理人が
「Castel de Très Girard」の厨房チーフとして迎えられました。














Loïc Guesdon (ロイック・ゲドン) 氏のプロフィールをご紹介します。

• Pavillon de la grande Cascade (パリ16区)
• Aux Armes de Champagne (シャロン・アン・シャンパーニュ、シャンパーニュ地方)
• L’hôtel de Paris / Alain Ducas (モナコ)
• L’assiette gourmande (オンフルール、ブルターニュ地方)
• La Ferme St Siméon (オンフルール、ブルターニュ地方)
• Domaine de la Bretesche (ミシヤック、ブルターニュ地方)

などのミシュラン星付きレストランの数々で経験を積んだ後、2005年2月に
リニューアルを終えたばかりの当レストランのメニュー構築に着手します。

各メニューにおいて、季節のノーブルな食材を発見させてくれるゲドン氏。
軽やかながら手間をかけた料理の数々。レギュラーにクォリティの高いアイデアを
次々と生み出すシェフの仕事により、ホテルの評判を上げることに成功しました。

魚料理を得意とするシェフ、そしてシャロレー牛などの肉料理で知られるブルゴーニュ。
シェフは、ブルゴーニュの偉大なワインと料理をマリアージュさせることも忘れません。

おいしく召し上がっていただけましたら、ぜひスタッフにお声をお掛けください。
ご希望があれば、シェフが厨房内をご案内いたします。
[PR]
by casteltresgirard | 2007-03-02 02:02 | レストランのお食事
<< イタリアからのソムリエ 3月第一週のブドウ畑・・・At... >>