札幌・風間さんご夫妻のブログ

f0122044_4351676.jpgf0122044_4363525.jpg

写真は、ブシャール・ペール&フィス社輸出担当の西山さんとのテイスティング。
ドメーヌ・アンリ・ボワイヨでいただいたモンラッシェは、酸が本当に美しかった!


今年の春に、1日ドメーヌ巡りをご一緒させていただいた札幌の風間さんご夫妻が
素敵な写真(そういえばいい一眼レフをぶら下げていらっしゃいました)と丁寧な解説で
ブログに記事を載せてくださっているのを、今さらながら発見。

ご主人様がフレンチビストロのシェフ、奥様がワインとサービスの担当をされていて
もう開店してから21年目とおっしゃっていたかな、人柄の温かいおしどり夫婦でした。
レストラン・カザマさんの旅ブログはこちら。

ランチをご一緒したレストランでも、写真を撮られたり、お料理の分析をされたりで
いろいろとためになるお話をたくさん聞かせていただきました。

札幌に行かれる方がいらっしゃいましたら、是非シェフのお料理を味わいにどうぞ!


フレンチレストラン カザマ
〒060-0062
札幌市中央区南2条西12丁目パシフィック三和1F
TEL&FAX 011-272-1012
[PR]
# by casteltresgirard | 2010-09-25 21:30 | 通訳ガイド・オーダーメイド

ヴァンダンジュ、始まりました!

d0080181_2344423.jpgd0080181_23451659.jpg

今日(9月13日)は、リヨンからボジョレー地方を北上するコース。
ムーラン・ア・ヴァンの風車が後ろに見える畑で、今年初めての収穫隊を発見!

2010年のボジョレーは、7月中旬にブルイィ地区で雹の被害が出たものの
他のブドウはなかなかきれいな様子。どんな年になるのでしょうね・・・。

ちなみに、この後に訪問した「シャトー・デ・ジャック」では
「日本人のイメージするボジョレーは、ヌーヴォーでしょう?今日はそれを覆す
ワインを飲ませてあげます。」と言われて・・・見事にノックアウト。出会いに感謝。
[PR]
# by casteltresgirard | 2010-09-13 23:52 | ブドウ畑の四季・秋

ドニ・モルテ&フィリップ・シャルロパン

里帰り中の話になりますが、都内にみぞれ雪が降った、3月9日夜のワインセミナー。

d0080181_2329533.jpgd0080181_23303817.jpg

虎ノ門「ヴァン・シュール・ヴァン」のマネージャー、大畑澄子さんにお声をかけていただき
ジュヴレイ村の2つのドメーヌ、「ドニ・モルテ」と「フィリップ・シャルロパン」を試飲しながら
どちらもダンナの過去と現在の勤務先なので、まぁダンナ不在でも私も概要だけ何とか
お話をさせていただきました。

「シャルロパンの新しい畑、今後の変化に乞うご期待・・・」みたいなニュアンスを添えて。

大畑さんは、もう30年以上もこの業界にいらっしゃる大ボスなのに
物腰が柔らかく、優しい語り口、そんな業界のやり手だとは思えない普通のオバサマ。
ワインおたくというよりは、ワインを愛するいちファン、いちミーハー。普通に家庭の話や
美味しかったレストランの話、大切なお友達の話など、堅苦しくなくお付き合いできる方。
「ワタシもこんな感じに素敵に歳を重ねたい」と思えるお手本が近くにいて、幸せです。

ところで、改めて両ドメーヌの数アイテムを飲み較べると、失礼ながら格の違いが歴然。
「そりゃーそうだろ、同じジュヴレイ・ヴィラージュだって、持ってる畑の場所が全然違うし。
あんな下の方の畑で、あれだけのワインを造る、彼はやっぱり凄い醸造家だと思うよ。」
とはダンナの弁。

d0080181_23332173.jpgd0080181_23341549.jpg

あれから1ヶ月半、大畑ボスの来訪の機会に、両ドメーヌの試飲に飛び入り参加。
いつも私は愛好家のお客様を連れていたり、ソムリエとして店でサービスするスタイルを
考えながら試飲したりですが、インポーターさんと一緒というのも、また違ってオモシロイ。

この場で、アルノー・モルテ氏の初来日が決定・・・詳細発表は大畑さんにお任せして
私もその時期はホテルが休館だし、たまには日本の秋の味覚を楽しみに帰りたい~♪

d0080181_23345185.jpgd0080181_44196.jpg

最後に、ヤン・シャルロパン氏に案内してもらった、お父さんの生家の裏手の古い畑では
ブドウの実になるであろうツボミが、早くも見えてきていました。

若い世代のお2人には、2010年のワイン造りも頑張って欲しいですね・・・。
[PR]
# by casteltresgirard | 2010-04-26 23:26 | ドメーヌ訪問と出逢い

女性だけのワインコンクール

昨日は、女性だけのワイン審査会があったので、私も様子見に参加してきました。
「Feminalise」フェミナリーズ http://www.feminalise.com/


ロビーに到着すると、オンナ、オンナ、オンナ・・・!お喋りの声がやかましくて疲れるほど。
クロワッサンとコーヒー(試飲前にコーヒーってのはな?)、ジュースのサービスがあって
10時を過ぎたころ、ゾロゾロと審査会場入り。

d0080181_2315538.jpg

450名で、3200点あまりのサンプルを採点するらしいです。
私の担当は、普段飲まない「ロワール」。ミュスカデ、プイィ・フュメ、シノンなど23点。
右隣に座ったサントネィでワイン販売をしているという彼女は、シャンパーニュの担当で
「あぁ・・・ガスばっかりで疲れた・・・」、左隣の彼女はペルナンでワインを造っているそうで
「やだ、ペルナンの担当ワタシ」「アナタもしかしてサンプル出したの」「いえ、幸いにね。汗」

しかし、ワインコンクールの審査員は、ずいぶん久しぶりにやらせてもらいましたが
造る人の苦労を間近に見て解っているだけに、それに点数をつけるのが申し訳なくて。

そりゃ~、旨いワインもあれば、首をかしげたくなるワインもあります。
個人的な好みで選ぶのではなく、全神経を集中して、初めと終わりにムラが出ないよう、
公平に。学校時代に習ったように基本に忠実に分析するのは、いい刺激&経験でした。

その後は行けませんでしたが、ランチはボーヌ市内のイタリアンレストランにて、
午後は市内ツアーもしくは顔マッサージ、夜はカクテルディナーが予定されていたそうで
全てご招待!クーラーバックや名刺入れなどのお土産つきでした。

来年も参加できたら、また行きたいと思います。
しかし、先日のソムリエコンクールもそうですが、女性が元気♪ オトコ抜きも楽しいです♪
[PR]
# by casteltresgirard | 2010-04-23 04:33 | ソムリエの独り言

世界最優秀ソムリエ・チリ大会




ジェラール・バッセ氏。
ブラインドでずばりカナダのアイスワインといいあてた。
イギリス代表でフランス人。会場は拍手の嵐だった。
日本ソムリエ協会・会報誌の取材写真より)


今週は、私には全然遠い話なんだけれど、やっぱり気になってツイッターで追いかけた
チリ・サンチァゴでの世界ソムリエ大会がありました。

こんな便利な時代だから、iPhoneを使った生中継や、日々更新される記事写真の数々。
世界のトップソムリエ達の、サービス実技やブラインドティスティングのVTRを拝見しつつ
はぁ~っ、ほぉ~っ、と溜息をついておりました。

優勝のジェラール・バッセ氏は、すでに7度目の出場、5度目の決勝進出だそうです。
フランス国籍で、イギリスで活躍中だから、「フラングレーズ」などと言うメディアもあって。
フランス語と英語が話せると、ワインの仕事をする人にとっては、こんなに世界が拡がる
ってのを目の当たりにしました。

12年前の私にワインのいろはを教えてくださった、谷宣英さんは残念ながら予選どまり、
準決勝12名に残った森覚さんとともに、おふたりとも英語は完璧に話される様子・・・。
なのになのに、世界の壁は高い!田崎真也さんは本当に凄い人なんだと改めて気付き。




私がいちばん素敵だなと思った写真は、コレ。
(同じく日本ソムリエ協会・会報誌の取材写真より)

52ケ国(プラス、アジアオセアニア代表の森覚氏、アメリカ大陸代表のカナダ人女性)の
54人の中から12人の準決勝出場者。その中に史上初4人ものソムリエールが入って
今回は話題をさらいました。

女性の能力が男性より勝ったから、凄いのではないと、私は思います。
ワインをはじめ、あらゆる飲料を嗅いで味わう感覚の鋭さに、男女差はないと思うから。

たぶん凄いのは、女性は一生のキャリアの中で、やはり子供を産んで育てたりとか
家に帰れば家事は奥さん任せだったりとか、勉強だけに集中できない期間・時間があり
(もちろん彼女達に子供がいるか、家事をしているかは知る由もありませんが)
それを乗り越えて、男性と同じ舞台に立てたことが凄いと、私は個人的に思うんです。

彼女達がこれだけの能力を持ちながら、実際にレストランに立って、水商売な時間割で
働いているのだとしたら、それは、私が言うのもナンですが、結構キツイことです。

この写真、女性陣のほうが「目ヂカラ」が強い気がしたのは、私だけじゃないでしょう。
[PR]
# by casteltresgirard | 2010-04-17 13:23 | ソムリエの独り言