<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

耕作馬を繰る美しいお姉さん

今朝は、ドメーヌ・アルロの末娘のベルティーユさんのお仕事見学に。
彼女に初めて会ったのは、主人が某シャトーに勤務していたとき、観光客向けの
馬車を繰るお姉さんとしてでした。フランス語では「キャヴァリエ」と呼ばれる仕事で
乗馬帽にスラリと長い皮のブーツを履いて、何とも美しくて若いお姉さんでした。

その数年後に再会した彼女は、耕作馬を連れて、いつもブドウ畑の中にいました。
自身の実家のドメーヌの畑を4haと、その他のドメーヌからの外注4haを耕していて
軽く日焼けした別人でした。

d0080181_2235510.jpgd0080181_2281918.jpg

主人は、すかさず自分の新しい勤務先の耕作も、彼女にお願いしたわけですが
今朝は、彼女にとってはヴァカンス前の最終日。今季も良い仕事ができたお礼にと
主人の個人的な畑を耕してくれ、幼馴染みや私達母娘を呼んでくれたというわけ。
祖父から引き継いだ小さな畑、これだけでは到底生活はしていけないけれども
昔住んだお屋敷を丘の上に望む、彼にとってはとても強い思い入れのある畑です。

d0080181_22105141.jpgd0080181_22115936.jpg

「オカピ(馬の名前ね)行くよ、アレ!」
えーっ、3歳児に鋤を引かせるなんて無理だよ、と思っているうちに、パパの補助で
うちの娘は畝の間に消えていってしまいました。土だってホコホコで歩きづらいのに・・・
ベルティーユ姉ちゃんは、「なかなかキャッキャッ言って喜んでたよ」と言ってくれて。

パパが満足そうなのは勿論のこと、義母が何を思ったか、涙ぐんでいたような気が。笑
朝起きると「ママン、エコール行かないよ。馬サン行くね?」と必ず言う娘。
そんなに好きなら、まぁそれもオリジナリティがあって、ママンの望むところですがね。
[PR]
by casteltresgirard | 2009-08-05 13:01 | ブドウ畑の四季・夏