ブドウただいま醗酵中

ブドウの収穫から3週間、どこの蔵も醸造の真っ最中で、濃厚な香りが漂います。

d0080181_22324459.jpg









9月8日
ドメーヌ・モルテの収穫が終わりました。
オツカレサマ・・・Paulée(ポレ)と呼ばれる
打ち上げの後解散。また来年会おうね!

d0080181_22361251.jpg
選果台を通したあと、茎を取り除いて
コンクリートタンクに入れられた果実。
ここから15日間ほどの浸透期間です。

ステンレス板は、中に冷水が流れていて
ブドウを低温に保つための装置。

d0080181_2239289.jpg


選果で除けられたブドウ、主人の提案で
今年は捨てずにプレス機へ投入。
ロゼワインにして、仲間内で山分けです♪

d0080181_22425423.jpg

d0080181_22444733.jpg


9月15日
初日に収穫したブドウはそろそろ15日、
最後のブドウも7日経ちました。

d0080181_7453055.jpg
この時期の仕事は、ピジャージュ。
大きなしゃもじのような器具を使って
ブドウの果皮を突き崩すことにより
果汁によりよく漬け込みます。

昔ながらの、足で踏み踏み・・・
今年は残念ながら見られませんでした。

d0080181_22571675.jpg

ルモンタージュという仕事もあります。
果汁をポンプで汲み上げ
果皮の上から万遍なくかけることにより
よく混ざり、果汁にも空気が入ることで
分子が活性化する働きがあります。

d0080181_22545330.jpg




ルモンタージュに使われる
ボット(長靴、ブーツの意)という器具。
先端がザルのような造りになっていて
果汁を漉して汲み上げることが可能。

d0080181_756396.jpg

d0080181_2258745.jpg

この一連の作業は
アルコール醗酵の進み具合と
今年のブドウのタンニンと酸を
考慮した上で、1日1~3回の
スケジュールで行われます。

d0080181_22584238.jpg

ラボでの化学分析の結果も参考に
タンニンの力強いワインを造るのか、
軽やかなワインを造るのか、
醸造家の舌と勘と、経験によって
これらの作業内容が決められます。

ヴァンダンジュのお祭り騒ぎもすぎて、毎日淡々と作業が進められますが
この時期の作業が、ワインの大まかな性格を作るといっても過言ではないため
醸造家にとっては神経を使う時期。

うちの主人は、ドメーヌ・モルテに参画したのは今年からですが
ヴァンダンジュはもう30回以上やっているベテラン。同僚達をねぎらうために
毎朝少し多めにバゲットを買い、パテやチーズを持参して仕事に向かいます。
「10時のオヤツは、オジイチャンの時代からの習わしで、醸造期間中だけは
こうやってワインを飲みながらカスクルート(軽食)を摂るものなんだよ。」
[PR]
by casteltresgirard | 2007-09-29 15:29 | ブドウ畑の四季・秋
<< NHK-BShi 「生中継・フ... オスピス・ド・ボーヌの収穫 >>