快挙!

ときどきは、こんな事もあるもんです・・・。

f0122044_432596.jpg

Clos des Lambrays 2001
Clos de Tart 2001
Grands Echézeaux 2002 Domaine de la Romanée-Conti
Romanée-St-Vivant 1998 Domaine de la Romanée-Conti

オジ様5人組、まずは「クロ・デ・ランブレィ」「クロ・ド・タール」
モレ・サン・ドニ村の、ふたつの隣り合ったグランクリュの、同一ミレジムの飲み較べ。
うちの村のクリュですから、レストランでは90年代以降の多ミレジムを揃えています。

よく言われるように、ランブレィは果実味が前面に出ていて、香り高い華やかな印象。
クロ・ド・タールは力強いけれどまだ堅い感じ。前者のほうが明らかに飲み頃に近い。
同時に味わう機会はなかなかないので、改めて良い確認になりました。

美味しいワインに心地よくなってしまったのか?、オジ様たち。
続いて「ロマネ・コンティ特集」です。と言ってもロマネ・コンティと名の付くワインは
レストランのリストでも3000ユーロと載ってる代物。同ドメーヌの別グランクリュで。

もちろん私も、ちょっとだけオコボレに預かりました。
率直な感想を言わせていただけば・・・
こういうワインこそ、ラベルを見ずにテイスティングした方がいいのだろうなぁと・・・。
ワインファンの方なら、どういう意味か解りますよね?

ところでオジ様たち、火曜日の夜に奥様を置いて、こんなワイン会なんてズルイ!
[PR]
by casteltresgirard | 2007-06-27 23:19 | ソムリエの独り言
<< コート・ド・ニュイ、ディジョン... Morey-St-Denis ... >>