ドニ・モルテ&フィリップ・シャルロパン

里帰り中の話になりますが、都内にみぞれ雪が降った、3月9日夜のワインセミナー。

d0080181_2329533.jpgd0080181_23303817.jpg

虎ノ門「ヴァン・シュール・ヴァン」のマネージャー、大畑澄子さんにお声をかけていただき
ジュヴレイ村の2つのドメーヌ、「ドニ・モルテ」と「フィリップ・シャルロパン」を試飲しながら
どちらもダンナの過去と現在の勤務先なので、まぁダンナ不在でも私も概要だけ何とか
お話をさせていただきました。

「シャルロパンの新しい畑、今後の変化に乞うご期待・・・」みたいなニュアンスを添えて。

大畑さんは、もう30年以上もこの業界にいらっしゃる大ボスなのに
物腰が柔らかく、優しい語り口、そんな業界のやり手だとは思えない普通のオバサマ。
ワインおたくというよりは、ワインを愛するいちファン、いちミーハー。普通に家庭の話や
美味しかったレストランの話、大切なお友達の話など、堅苦しくなくお付き合いできる方。
「ワタシもこんな感じに素敵に歳を重ねたい」と思えるお手本が近くにいて、幸せです。

ところで、改めて両ドメーヌの数アイテムを飲み較べると、失礼ながら格の違いが歴然。
「そりゃーそうだろ、同じジュヴレイ・ヴィラージュだって、持ってる畑の場所が全然違うし。
あんな下の方の畑で、あれだけのワインを造る、彼はやっぱり凄い醸造家だと思うよ。」
とはダンナの弁。

d0080181_23332173.jpgd0080181_23341549.jpg

あれから1ヶ月半、大畑ボスの来訪の機会に、両ドメーヌの試飲に飛び入り参加。
いつも私は愛好家のお客様を連れていたり、ソムリエとして店でサービスするスタイルを
考えながら試飲したりですが、インポーターさんと一緒というのも、また違ってオモシロイ。

この場で、アルノー・モルテ氏の初来日が決定・・・詳細発表は大畑さんにお任せして
私もその時期はホテルが休館だし、たまには日本の秋の味覚を楽しみに帰りたい~♪

d0080181_23345185.jpgd0080181_44196.jpg

最後に、ヤン・シャルロパン氏に案内してもらった、お父さんの生家の裏手の古い畑では
ブドウの実になるであろうツボミが、早くも見えてきていました。

若い世代のお2人には、2010年のワイン造りも頑張って欲しいですね・・・。
[PR]
by casteltresgirard | 2010-04-26 23:26 | ドメーヌ訪問と出逢い
<< ヴァンダンジュ、始まりました! 女性だけのワインコンクール >>